30歳男独身会社員のLINE掲示板アプリ日記

出会い系サイトを使って美味しい経験をした人も昔多いと思います。
今は出会い系サイトという言葉自体があまり使われなくなってきてますよね。
LINEやSNSなどのソーシャルツールに出会いの場がシフトしていっているのかもしれません。
私は30歳の会社員、企業の経理部で主に決算の仕事をしています。経理の仕事は忙しい時期と暇な日の落差が激しく、年度末の決算のシーズンには深夜までの残業が続いてしまうので、ストレスも半端なくたまります。

そんなある日、『LINE 掲示板』と検索して見つけたLINE掲示板アプリを使ってみることにしました。
昔の出会い系と違って、LINE掲示板アプリはLINEのIDを使うので、出会える女の子は学生から熟女まで幅広くいます。
書き込みを何回か間を開けて繰り返した後に、私のスマホにもついに返事がきました。
そこで知り合ったのが30歳の主婦の美穂さんです。美穂さんは結婚5年目の綺麗な奥さんです。
普段から旦那さんとの仲はとてもいいらしく、結婚生活は極めてうまくいっているとのことです。
ただ一つだけ不満があることが、夜の生活を営むことが出来ない事でした。
旦那さんが結婚して間もなく勃起不全の症状に掛かってしまい、それ以来旦那さんとの関係が全くないそうです。
昼間にリビングで自分一人の時にオナニーすることが多いけど、我慢できなくなってLINE掲示板アプリを使ってみたそうです。
そういうことなら、ということでぜひ美穂さんの力になってあげたいと思いました。

意外にも住んでる場所が近所だったので、怪しまれないように待ち合わせは互いの家から少し離れた交差点ですることにし、約束の時間に美穂さんを乗せてそのままホテルに行きました。
この日のためにエッチなパンティを新調してきたらしく、私も期待に胸を膨らませました。
相当御無沙汰だったみたいで、少し体を触るだけでも敏感に体が反応します。
旦那さんに対して少し罪悪感はあったものの、逆にそれが二人にとって興奮のスパイスとなり、刺激につながりました。
思う存分美穂さんは満足してくれたようで、帰り際に「また会ってくれる?」と言ってくれました。
LINE掲示板アプリを使ってこんないい出会いがあるとは思いませんでした。
それ以来人目を忍んで美穂さんを慰めてあげています。

24歳独身ホステスの愛人日記

私の働くお店は、天下の銀座にあります。銀座という土地柄、大手企業の社長さんや大病院のお医者さん等、富裕層のお客様が多くいらっしゃいます。そんな名だたるお金持ちの中でも群を抜いて羽振りのいいお客様がいらっしゃいます。私が担当しているお客様なのですが、誰もが知る大企業の経営者Aさんです。私のことをとても気に入ってくれ数年前から贔屓にして下さっています。

何を隠そう私はそのAさんの愛人です。一般の方には想像つかないかもしれませんが、夜の世界では贔屓にして下さるお客様の愛人になることはごく当たり前のこと。愛人になることによって私たちの生活は潤うことが出来るんです。ただお付き合いするのではなくしっかりと契約を結ぶんです。

Aさんと愛人契約を交わしたのは2年前。当時の私は、ほかのお客様と愛人契約を結んでおりましたが、その方の会社が傾き始めていたので今後について悩んでいたときのことです。

Aさんは私が経験したことのないような額を提示してきました。そして契約のお祝いにとマンションを購入してくださり、車まで用意してくださいました。

とても優しい方なので私は純粋にAさんを好きになりましたが、実はAさんは相当な変態。珍しい性癖をお持ちの方で会社に私を呼びつけては社長室であんなことやこんなこと、とっても恥ずかしいことをさせられています。

最初はさすがに抵抗があったのですが、今では私もその恥ずかしい行為にハマっています。自分では気づかなかったんですが私も相当変態みたいです。

私の生活も支えてくれるし、体のほうも相性がいいし私は満足しています。これからも愛人としてAさんにしっかり尽くしていきたいと思っています。

この想いはどうしたらいいの?