24歳独身ホステスの愛人日記

私の働くお店は、天下の銀座にあります。銀座という土地柄、大手企業の社長さんや大病院のお医者さん等、富裕層のお客様が多くいらっしゃいます。そんな名だたるお金持ちの中でも群を抜いて羽振りのいいお客様がいらっしゃいます。私が担当しているお客様なのですが、誰もが知る大企業の経営者Aさんです。私のことをとても気に入ってくれ数年前から贔屓にして下さっています。

何を隠そう私はそのAさんの愛人です。一般の方には想像つかないかもしれませんが、夜の世界では贔屓にして下さるお客様の愛人になることはごく当たり前のこと。愛人になることによって私たちの生活は潤うことが出来るんです。ただお付き合いするのではなくしっかりと契約を結ぶんです。

Aさんと愛人契約を交わしたのは2年前。当時の私は、ほかのお客様と愛人契約を結んでおりましたが、その方の会社が傾き始めていたので今後について悩んでいたときのことです。

Aさんは私が経験したことのないような額を提示してきました。そして契約のお祝いにとマンションを購入してくださり、車まで用意してくださいました。

とても優しい方なので私は純粋にAさんを好きになりましたが、実はAさんは相当な変態。珍しい性癖をお持ちの方で会社に私を呼びつけては社長室であんなことやこんなこと、とっても恥ずかしいことをさせられています。

最初はさすがに抵抗があったのですが、今では私もその恥ずかしい行為にハマっています。自分では気づかなかったんですが私も相当変態みたいです。

私の生活も支えてくれるし、体のほうも相性がいいし私は満足しています。これからも愛人としてAさんにしっかり尽くしていきたいと思っています。