バター犬

「今度、バター犬持っていくね!」って彼女からメール来た時、どういうことだろう?って思ったわけ。
バター犬って、うちに連れて来てどうするつもりなんだろう、っていうか、彼女、バター犬なんて持ってる?人なんだ?
妙なメールで、普段そういう下ネタ的なことを話す子ならフツーに「バター犬ってなんだよ」的な突っ込み返せるけど、そういう子じゃないんだよね。
で、彼女が家に来る時に、何がやってくるんだろうってどこかわくわくしてた・笑
いや、清純っぽい彼女がさ、エッチの時も非協力的で、おっぱいとかもあんまり見せてくれないし、電気消さないとエッチさせてくれないし、そういう子が、バター犬連れて来て、何を見せてくれるの?なんてね。
なんてことはない。彼女は、俺の家に「バタークッキー」を作ってきてくれただけだったんだよ。
クンニ
「昨日、作ったから食べて」って。
バタークッキーってメールに打ち込んだ時に、予測変換で「バター犬」ってでちゃって、それでうっかり……みたいな状況だったと推測。
けど、予測変換でバター犬がでちゃうってどういうこと?そういう言葉、普段から使ってるってことだよね。
それからだよ、彼女の裏の顔を意識するようになったの。
もしかしたら、本当はものすごっくエッチな女の子なのかもしれないよね。そういうの俺に隠してるとしたら、なんとかして化けの皮をはいでやるのも、彼氏の役目だろ。
その日から、今までみたいにジェントルマンのセックスするのやめたんだよ。野獣的な本能むき出しのセックスするようにしたの。
そうしたらさ、あっという間に振られたんだよね。
熟女狩り
熟女狩り